化粧水の美白効果

82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s

デイリーケアで肌力アップ

美白化粧水は、シミ・ソバカスを薄く目立たなくしたい人に大人気のアイテムです。一度にお肌がひたひたになるまでつけても、効果がすぐに出てくれるわけではありませんが、デイリーケアで肌力アップするものと割り切って、潤いケアを基本に長いスパンで使い続ける価値はあります。

メラニン生成を抑える

美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことだというのが、大方の了解事項となっています。その線でいくと、化粧水には、潤いを補うという基本的な役割にプラス、メラニン生成を抑える成分も、配合されていることが必要になります。
美白化粧水の有効成分としては、ビタミンCが代表的です。メラニンの生成を抑えるほか、抗酸化成分としても評判高いものとなっています。化粧品はさらに進化を続け、ビタミンCの浸透度がアップした形のビタミンC誘導体が配合されることも、珍しくなくなっています。ほかに、アルブチンやトラネキサム酸などの配合も、メラニンの増えすぎ防止に効果的とされます。
化粧水は原則的に、潤いを補うのが主目的なので、成分の大部分が水です。美白力の点では、美容液に大きく水をあけられます。
ただ、美白美容液をつけるのでも、化粧水をあらかじめつけておくのでは、お肌の浸透度が抜群に違います。美容液をつける前に、下準備で角層の状態を整えておくことによって、美容液の美肌成分が肌深部へ入りやすくなるのです。

強い刺激がデメリット

美肌化粧水については、強い刺激がデメリットという声は、現在でも少なくありません。一昔前だったら常識的なことだったのですが、現在にいたっても昔のイメージが引きずられた格好になっています。
たとえば、美白成分として代表的なビタミンC誘導体にしても、一面では刺激が強い成分でもあります。化粧水に配合されると、しみるような感想を抱くことも、よくある光景です。中には平気な人もいますが、肌質がよほど強いのかと、うやらましいような気にさせられます。
近ごろの美白化粧水は、低刺激処方を売りにしたものも続々発売され、敏感肌や年齢肌でも安心して使えるのがメリットです。無香料・無着色料の無添加に加え、抗炎症成分の配合で、外部刺激に弱い肌質を無理なくガードする仕組みになっています。初めての化粧品を使っても本当に大丈夫か、パッチテストやお試しサンプルを利用して、使用感を確かめてみるのは賢い利用方法です。

美容液やUVケアも

口コミで高評価を得ていても、美白化粧品はそれだけでは不足感を抱く向きは多いようです。スキンケア効果全体を高めるにはやはり、美容液やUVケアもあわせて行うことで、相乗効果が期待できます。後から美肌成分を入れこんだり、外部刺激をシャットアウトしたりするのでも、はじめの段階の潤いケアで、お肌を十分に潤してからのほうが、シミ・ソバカスの改善はもとより、シワや毛穴ケアにもつながります。

一押し記事