化粧水の成分

4f8bd02fa51f3fd8478e1d5c8c680acf_s

 

「水」とは言っても「微少成分」も大事

化粧水というくらいだから、大分が水でできていると思っていませんか。もちろん水分の比率は高いです。
ですが、水に加えられた別な成分、中にはごくわずかな量しか入っていない成分もありますが、そこにこそ大きなポイントがあるのです。なりは小さくとも、潤いケアにはとくに大きな役割を担っていもいるのです。

セラミド配合がカギ

化粧水は、メーカーによっても違いがありますが、水が約80%、アルコール分が約10%の配分が基本で、残りの部分にグリセリンなどの保湿成分やその他添加物が配合されています。クレンジング・洗顔で失われた水分を補うために発明されたアイテムなので、必然的に水が大きなウェートを占めています。
乾燥肌、脂性肌など肌タイプにはいろいろあって、それぞれお肌が必要とするものに微妙な違いがありますが、最近のトレンドは、保湿化粧水です。保湿成分としてセラミドが代表的で、保湿ケアはセラミド配合がカギと言ってよいくらいです。保湿力の高いヒアルロン酸やハリ・弾力アップにコラーゲンも、とくに敏感肌や年齢肌のケアに人気があります。
そして、もうひとつのトレンドは、美白化粧水です。ビタミンC(しばしば高浸透型のビタミンC誘導体として)、アルブチン、トラネキサム酸などの美白成分も配合され、メラニン生成を抑えることで、シミ・ソバカスをできにくくするという趣向です。
化粧水ひとつとっても、目的別に違いがあります。価格のほかに、成分で比較することも重要なポイントになるのです。

敏感肌さんには重大問題

化粧水に配合されている成分は、刺激性がしばしば問題視されます。乾燥や紫外線などの外部刺激の影響を受けやすい、年齢肌や敏感肌さんには重大問題となります。
化粧水によく配合される成分に、プロピレングリコール(PG)やプロピレングリコールが2つ連結したジプロピレングリコール(DPG)があります。どちらも水溶性の保湿剤なのですが、刺激が強いので注意が必要です。美白力の高いビタミンC誘導体も、刺激が強いので、きついと感じる人もいることでしょう。
ただ、刺激物をすべて除けばよいかというと、化粧水として使い物にならなくなってしまいます。重要なのはバランスの問題なのです。
たとえば、抗炎症成分の配合で刺激を抑えることが可能になり、敏感肌や年齢肌でも使用に耐えるものが市販されてさえいます。高価格になりやすい傾向がありますが、ストレスフリーで使えるメリットで帳消しになっている感があります。

お試しが確実な方法

口コミで評判が高く、大人気の化粧水でも、個別にみると、配合成分の影響でお肌に合わないことは往々にしてあります。初めての品が、無害であるかどうかは、パッチテストやお試しが確実な方法です。トライアルで大丈夫なことが判明した暁には、毎日のスキンケアに思う存分たっぷりとつけて、潤いケアの質を向上させ、年齢や肌質を感じさせないお肌の健康アップと行きたいものです。

一押し記事