スキンケアの順番

5ac136073957baed9f72088df6a25f72_s

方法はとてもシンプル

正統派のスキンケアというと、何やら難しそうな響きがあるでかもしれませんが実際、方法はとてもシンプルなものです。
化粧水や美容液などのシリーズ化されたアイテムがある中、順番通りに使っていけば、つけすぎなどのイレギュラーな行為は例外として、たいていの場合は上手くいくでしょう。

順番を守ることが美肌に

スキンケアは、洗浄、補給、保護の3ステップが基本です。
基本ステップのうち、どれかが欠けていると自覚したならば、使う順番なども念頭に入れつつ、正しい知識にもとづいて見直しをすることが大切です。
スキンケア用品には何アイテムもありますが、それぞれに使う意味があります。
使うに当たっては、順番も決まっていることもあり、使い方の王道を守ることで、肌力アップにつながります。

お肌には汗、皮脂、ほこりなどの汚れがついています。
美容液などの美肌成分を十分に吸収するには、最初に洗顔で汚れを落とすことが必要です。
メイクをしていれば、メイクオフのためにクレンジングが必要になります。
洗顔をすれば、うるおいに必要な皮脂までも落ちてしまいます。
そのうえ、加齢でセラミドやヒアルロン酸などのうるおい成分も減少していきます。
そこでスキンケアの第2ステップでは、化粧水・美容液の順番で必要な成分を補うことになります。
最後に、美肌成分がお肌にとどまるよう、乳液かクリームでフタして、肌表面を保護するのが一連の流れです。

肌力低下を招く原因

スキンケアで使うアイテムは、全体としての順番が定式化されています。
それでも、順番をスキップしたり、無視したりする人が案外と多いのが現状です。
ですが結局、自分で肌力低下を招く原因を作り出しているようなものです。
たとえば、保湿ケアにと化粧水をたっぷりつける人がいますが、そこで終わるのは考え物です。
化粧水をつけただけでフタをしていない状態では、すぐに蒸発が始まり、蒸発の際に元からある水分までも奪うため、かえって肌乾燥を進めることになるからです。
化粧水の後は、美容液やクリームも使い、肌乾燥を防ぐことで、スキンケアの質が高まります。

スキンケアでは、化粧品を使う順番を自己流に変えてしまうこともままあるようです。
たとえば、クリームの後に美容液をつけるといったもので、これではせっかくの美肌成分も、クリームのフタ上で上滑りしてしまうだけになります。
順番を考えるのが面倒という人には、オールインワン化粧品がフィットするかもしれません。
化粧水や美容液などに相当する成分が、適当に作用する仕組みになっています。
全体としては不満の声はありますが、スキンケアがそこそこできればいいという人には人気の化粧品です。

迷ったら基本に返る

新製品や新しいスキンケア情報に接する中で、使う順番に迷うことはよくある事態です。
その際、迷ったら基本に返ることを鉄則とし、本当に自分に合うか、よく考えて決めるのが賢い選択方法です。

一押し記事